結婚指輪手作り一日教室

チタンの指輪

メニュー作品集
チタンの結婚指輪を作る
ご自分で手作りできる唯一の工房

シルバーの指輪

メニュー作品集
シルバーの結婚指輪を作る
2003年から鍛造&彫金一日教室

プラチナの指輪

メニュー作品集
プラチナの結婚指輪を作る
鍛造&彫金技法で細身の指輪造り

手作り一日教室

手作り体験


指輪の手作り体験・一日教室 五感を活かして指輪を造る 指輪手作り一日教室は、Craftsman青野の作品造りの経験と知識の元に各作業工程が凝縮され指輪造り・ハンドメイドの本質を五感で体感しながらお造りいただきます。
 一つ一つの工程には「何故、バーナーで熱するのか、何故糸鋸で切るのか、何故金槌で叩くのか、何故そうするのか・・・」という必然があり、その必然は完成までの各工程全てに受け継がれていくものです。
 そのノウハウを分りやすく解説することにより、指輪造りの面白さと難しさやもの造りの楽しさが実感され時間を掛けて一生懸命手作りされた指輪への愛着は増し、何ものにも替え難い二人の宝物となることでしょう。
婚約・結婚指輪もご自分で作れます 婚約指輪といっても特殊な作業をすることはなく普通の指輪と同じ制作工程で手作りできます。
 全ての指輪に於いて“ハイクォリティ”の仕上げを心掛けてますので、結婚指輪だから特殊な磨き仕上げをするという事もありません。
 従いまして、結婚指輪という付加価値的な割高料金の必要はなく、普通の指輪と同一料金で手作りいただけます。
Craftsman青野が丁寧に指導します チタン995、シルバー950、プラチナ900の素材を、直に叩いたり削ったり彫ったりして造ります。
 鍛造&彫金技法によりオリジナルデザインのペアリング・婚約指輪・結婚指輪を、当日完成させてお持帰りいただける手作り一日教室です。
Craftsman青野が、指輪造りのノウハウを解り易く解説しマンツーマン的にしっかり指導する為に一日一組の受入れとなっています。皆様は、各種専門工具で十分に練習したのちじっくり造形作業に取り組んでいただけます。
 磨き仕上げは、Craftsman青野が調整と磨き上げを行うことによりハイクォリティなオリジナルリングが完成し即お持帰りいただけます。

鍛造技法 鍛造で作られる結婚指輪 一口に指輪と言っても色々な造り方がありそれぞれに長所と短所があります。
 市販品は、型に溶けた貴金属を流し込む鋳造(ちゅうぞう)により大量生産されています。当工房は、手作業で一つ一つ造る鍛造(たんぞう)です。
 造る過程で指輪を金槌で満遍なく叩くことにより金属がギュッと詰まって鍛えられ変形に強い指輪となります。
彫金技法 彫金技法で作られる結婚指輪 指輪のデザインの造り方のことです。
 当工房では、銀やプラチナの貴金属を直に切る・曲げる・溶かす・溶接・叩く・削る・彫る・磨く・・・等の作業を行い一つ一つ手作業で一点ものの指輪を造り上げることができます。
各作業工程では「マンツーマン」に進め、各工具を時間を掛けてしっかり練習した後にじっくり本番作業に取り組んでいただけます。

手作り一日教室のハンドメイド作品集
2003年12月以降950組超の方が手作りされました
最近 094 093 092 091
090 089 088 087 086 085
084 083 082 081 080 079
078 077 076 075 074 073
072 071 070 069 068 067
066 065 064 063 062 061
060 059 058 057 056 055
054 053 052 051 050 049
048 047 046 045 044 043
042 041 040 039 038 037
036 035 034 033 032 031
030 029 028 027 026 025
024 023 022 021 020 019
018 017 016 015 014 013
012 011 010 009 008 007
006 005 004 003 002 001

工房案内
■工房内ブランド
当工房では、作品造りに用いる素材の違いにより、3ブランドに区別いたしております。
・銀 作品  =【創作銀工房おたんこ那須!】
・チタン作品 =【手作り指輪工房ちタン】
・アルミ作品 =【手作り指輪工房あッ!ルミ】

一般の皆様にも、お造りいただく機会を提供させていただいております。
・結婚指輪手作り一日教室・手作り体験=【手作り指輪工房 AONO】
■工房内ブランド分けについて
当工房は、2001年にシルバー素材による作品造りから始まりましたので工房名を「創作銀工房おたんこ那須!」としてスタートさせていただきました。
2012年にはアルミニウム素材による指輪造りを始め、2014年にはチタニウム素材の指輪を造り始めました。
扱う素材が増えたことでスタート時の「銀」工房という素材の特定がそぐわなくなってきたことにより「素材ごとのブランド分け」をいたしました。
そして、2003年開始の手作り一日教室では、電話でのお問い合わせに対し「はい、アオノです」と応対して参りましたが、「工房名=おたんこ那須!」と「電話応対=はい、アオノです」の違いによるお客様の戸惑いをなくすよう、手作り一日教室の実施を「手作り指輪工房 青野」といたしました。
   


Copyright 2001 Nobuo Aono. All Rights Reserved.