工房案内
■工房内ブランド
・チタン素材 =【手作り指輪工房 ちタン】
■出展直販
出展販売:土・日・祝:道の駅 那須高原友愛の森にて、造り手仲間たちと出展販売しています
   
■アクセス:関連情報
何処にあるの?:
“手作り指輪工房 青野”がある栃木県那須町は関東地方の北の外れに位置し、
東北地方の福島県に隣接しています

冬季の実施:
年中ほぼ無休でご予約を受け付けます。冬季(12月〜3月)は、工房周辺で積雪が予想されますのでお車の方は「スタッドレスタイヤ」または、チェーンが必携となりますのでご注意ください。

JR電車の最終:
在来線も東北新幹線も「21:00台」が最終便となります。また、19:00を過ぎると1時間に2本しか電車がありません(那須塩原駅の時刻表)。

送迎:できません

最寄りインターチェンジ:東北自動車道
・福島寄りの【那須I.C】=工房まで13km
・東京寄りの【黒磯板室I.C】=工房まで22km

お車:
東京都内〜210km=3.0H(首都高〜東北道)
神奈川県横浜市〜235km=3.5H(首都高〜東北道)
千葉県市川市〜240km=3.5H(京葉道〜東北道)
埼玉県さいたま市〜185km=2.5H(東北道)
茨城県水戸市〜170km=2.5H(北関道〜東北道)
群馬県前橋市〜220km=3.0H(関越道〜北関道〜東北道)
栃木県宇都宮市〜70km=1.0H(東北道)
福島県郡山市〜85km=1.5H(東北道)
山形県米沢市〜175km=2.5H(東北道)
宮城県仙台市〜200km=3.0H(東北道)
新潟県上越市〜350km=4.5H(磐越道〜東北道)
長野県長野市〜300km=4.0H(上信越道〜北関道〜東北道)
富山県富山市〜470km=6.5H(北陸道〜磐越道〜東北道)
・2003年以降、遠方や色々な地域からペアリングや結婚指輪の手作りに那須までお越しいただいております。

■青野信夫(Craftsman青野)のプロフィール
出  身:1958年、東京都中野区
父の仕事の関係で、子供の頃から金属加工工具類に触れる機会に恵まれました(金属を削るという事=ヤスリ掛けの経験は50年を越えます)。

最終学歴:
私立 育英工業高等専門学校:1978年11期卒
(現:サレジオ高専:サレジアンポリテクニック):
工業デザイン学科(コミュニケーションデザインコース)
1年〜3年までは工業デザインを学び、4年〜5年はコミュニケーションデザイン(宣伝・広告)コースを選択

東京での職歴:
1978年2月〜1982年4月:都内のグラフィックデザイン・印刷会社に就職し紙媒体の広告制作に携わる(この時の経験・知識が、ホームページの制作やインターネットを利用した広告宣伝の手法に活かされています)。
1983年1月〜1995年10月:広告制作の専門職で独立。

日本一周:
1982年5月〜12月:125ccバイクで日本一周(日本の風景・暮らし・地域、伝統・文化・工芸・・・沢山の「日本らしさ」を実感したくて巡りました)。

那須との関わり:
1987年12月:那須高原に古電柱を使った山小屋完成。
1995年11月:那須高原に移住。

制作活動:
2001年1月:銀細工の制作を始める(ホームページ開設)。

2001年春〜2004年春:「那須高原アートマップ」を印刷発行(色々なジャンルの工芸家の皆さんから奥深い話を伺う機会に恵まれた事が現在の作品造りに活かされています=自身の拘り・柔軟な思考・自由な発想)。

2003年:シルバーアクセサリー・指輪の手作り一日教室・手作り体験を開始。

2014年12月:チタンの結婚指輪手作り一日教室を開始。

作品展:
那須高原にて、造り手仲間達との合同展を複数回行う。
2013年秋:初個展:道の駅 明治の森・黒磯で行う。
2014〜15年 :個展:道の駅 那須高原友愛の森にて、4月から月一回。

現在:
銀・アルミニウム・チタニウム、作品造りに使用する素材の種類が増えてきました。それぞれの素材が持つ独特な魅力=可能性をより多く引き出し、その素材を使う意味が感じられる作品を造って行きたいと考えています.
・YouTube:
ゆとりありすと:防災・アウトドア関連のアイデア情報を発信しています:
https://www.youtube.com/channel/UClxrZLHpE8jESwTWkkGMVgw


Copyright 2001 Nobuo Aono. All Rights Reserved.