シルバーリング:大人の手作り体験

手作り体験された皆様の作品をご覧いただけます
指輪造りの工具 指輪の造り方 銀線を丸める
使用する工具類 バーナーで焼き鈍す 丸線を丸める
糸鋸で切る 指輪の接合部分 ロウ付け
合わせ目を切る 接合面がピッタリ ロウ付け(溶接)
ロウ付け終了 叩いて丸く サイズ調整
ロウ付け後の指輪 木槌で叩いて丸く サイズ調整
ここで作業終了
調整仕上げ 磨き仕上げ 指輪の完成
シリコンで研磨 丁寧に磨き上げ 指輪の完成!

料 金(税込):一本
1.5mm径 丸線 5,400円
1.8mm径 丸線 7,020円
2.0mm径 丸線 8,640円
3.0mm幅 平角線 10,260円

受 入 れ:1人〜2人
実  施:一日一組:10:00〜17:00
所要時間:2.5〜3.5時間
デザイン:槌目・平打ち・甲丸の指輪
文字彫り:指輪内側への文字彫り
   1.5mm径〜2.0mm径 丸線=不可
   3.0mm幅 x 1.2mm厚 平角線=可

 
 手作り指輪工房 青野 が実施する手作り体験教室は、これまでの多種多彩な作品造りの積み重ねにより得られた経験と知識の元に、各作業工程を効率良く凝縮し簡略化して指輪造り・ハンドメイドの本質 を五感で体感していただけるようプログラムされています。
一つ一つの工程には「何故?何故?何故?」というノウハウ=必然があり、それは完成までの各工程に受け継がれていきます。
 そのノウハウを分りやすく解説することにより、指輪造りの面白さ・難しさ・もの造りの楽しさを実感され、完成に至るまでの全工程=ストーリーは付加価値となり、指輪への愛着を一層高め何ものにも替えがたい宝物となることでしょう。
 Craftsman青野が丁寧に指導いたします
 シルバー950の素材を、直に叩いたり削ったり彫ったりして造る 鍛造&彫金技法によりシンプルなメモリアルリングを、当日完成させてお持帰りいただける指輪手作り体験教室です。
 Craftsman青野と共に、指輪造りのノウハウの一つ一つを理解しじっくり進行するため一日一組の受入れとなっています。
 磨き仕上げは、Craftsman青野が磨き上げを行うことによりハイクォリティなシルバーリングが完成し即お持帰りいただけます。

シルバーリング手作り体験教室
料  金:料金表には、素材費・指導料・磨き仕上げ料の全てが含まれた金額が表示されています。

お申込み:当日でも予約可能ですが、所要により留守する場合や、予約が入っていない状態でも当方の都合により受け入れ出来ない場合もあります。事前にご予約いただく方が確実です。

お電話で:お問い合せ・お申し込みは、9:00〜24:00まで受け付けています。「ハイ、アオノです」と出ますので「手作り体験ッ!」と言ってください。

受入れ体制:作品造りしている創作工房ですので季節に関係なく年中受け入れ可能ですが、予約済みや日々の都合により実施できない事もありますので、まずは気軽にお問い合せください(冬季(12月〜3月)にお車でお越しの際は、道路が凍結してますのでスタッドレスタイヤが必要です)。

サプライズで造りたい方へ
 正確な指のサイズが必要です。糸や紐やテープで指の外周を測ってこられますが、ほとんどが大きく違ってました。

素材:シルバー950について
 当工房で使用するSilver950は、銀=95%、銅=5%が含まれる合金で、シルバージュエリーを手作りするのに最適な硬さと柔らかさを兼ね備えた純度の素材です。

素材:1.5mm、1.8mm、2.0mmの丸線について
 当日、工房にお越しいただいてから丸線の太さをお選びください。太さを統一する必要はなく、それぞれでご希望の太さをお選びいただけます。丸線は叩いたり削ったりの作業をする事により槌目模様や四角い形にする事が出来ます。

作業時間について:お二人で実施の場合=2.5時間位です
 この体験コースは、Craftsman青野が指輪を一つ作りながら各工程を一緒に進めていきますので、大体この時間で終了することが出来ます。実施する人数や体験される方の技量により完成までに要する時間が変わりますことを予めご了承ください。

ビデオ撮影:ビデオ撮影や写真撮影は自由に行ってください。

初心者&不安:
 これまでに造られた方のほぼ100%が始めての方です。手先が器用な方、造る事が好きな方、そうでない方・・・状況はそれぞれに違いますが、Craftsman青野が丁寧に分りやすく何度でも解説・手本をお見せしながら進め、たっぷり練習した後でじっくり本番作業を行っていただきます。

工具を巧く扱うコツ:
 クラフトマンの工具扱いは“ベターorベスト”なので、その真似をすれば(同じように扱えば)巧くいきます。
 工具の扱い方のコツを解説中のCraftsman青野の一挙手一投足を、注意深く五感で掴み取りそれを練習や本番で活かしてください。
 目で見る時には、細かな部分までよく見て掴み取って下さい。耳で聞くときには、音の質を聞き分けることが大事です。

仕上げ:磨き仕上げは、Craftsman青野が行います(指輪1本=10分程)。

鍛造の指輪
鍛造
 一口に“指輪”と言っても色々な造り方がありそれぞれに長所と短所があります。市販品は、型に溶けた貴金属を流し込む鋳造(ちゅうぞう)により大量生産されています。当工房は、手作業で一つ一つ造る鍛造(たんぞう)です。造る過程で、指輪を満遍なく金槌で叩くことにより金属がギュッと詰まって鍛えられ“変形に強い指輪”となります。
彫金技法で造られる指輪
彫金
 指輪のデザインの造り方のことです。当工房では、銀やプラチナの貴金属を直に切る・曲げる・溶かす・溶接・叩く・削る・彫る・磨く・・・等の作業を行い一つ一つ手作業で一点ものの指輪を造り上げることができます。各作業工程では「マンツーマン」に進め、各工具を時間を掛けてしっかり練習した後にじっくり本番作業に取り組んでいただけます。


Copyright 2001 Nobuo Aono. All Rights Reserved.