チタンアクセサリー手作り体験

素材:10mm径 x 10mm幅のチタニウム 糸鋸の扱いを練習した後、デザインを削り上げる
ラインを仕上げてからバーナーで熱して発色 全体を丁寧に仕上げて完成(ベーシックデザイン)
料 金:一つ /税込み
ベーシックコース:8,000円/8,640円
チタン体験170723
170723:S 様:神奈川県横浜市:2度目
オリジナルコース:1,1000円/11,880円
受 入 れ:1人〜2人
実  施:一日一組:10:00〜17:00
所要時間
      ベーシックコース=3時間
      オリジナルコース=5時間
素  材:Titanium995
寸  法:10mm径 x 10mm幅
付  属:Silver925チェーン:40cm/45cm
デザイン:ライン削りとカラーリング

 手作り指輪工房 青野 が実施する手作り体験教室は、これまでの多種多彩な作品造りの積み重ねにより得られた経験と知識の元に、各作業工程を効率良く凝縮し簡略化して指輪造り・ハンドメイドの本質 を五感で体感していただけるようプログラムされています。
一つ一つの工程には「何故?何故?何故?」というノウハウ=必然があり、それは完成までの各工程に受け継がれていきます。
 そのノウハウを分りやすく解説することにより、指輪造りの面白さ・難しさ・もの造りの楽しさを実感され、完成に至るまでの全工程=ストーリーは付加価値となり、指輪への愛着を一層高め何ものにも替えがたい宝物となることでしょう。
 Craftsman青野が丁寧に指導いたします
  当工房は、体験提供を生業としている体験専門工房ではありません。日々、オリジナル作品を制作している創作工房です。

 当工房の体験教室は、Craftsman青野がこれまでの多種多彩な作品造りの積み重ねにより得られた経験と知識の元に、各作業工程を凝縮し簡略化して 指輪造りの本質 というものを五感で体感していただけるようプログラムされています。

 一つ一つの工程には「何故 そうするのか という必然」があり、それは完成までの各工程全てに受け継がれていきます。
 その必然=ノウハウを分りやすく解説することにより、作品造りの面白さと難しさ、もの造りの楽しさを実感していただける事と思います。

チタンアクセサリー手作り体験教室
料  金:料金表には、素材費・指導料・磨き仕上げ料の全てが含まれた金額が表示されています。

お申込み:当日でも予約可能ですが、所要により留守する場合や、予約が入っていない状態でも当方の都合により受け入れ出来ない場合もあります。事前にご予約いただく方が確実です。

お電話で:お問い合せ・お申し込みは、9:00〜24:00まで受け付けています。「ハイ、アオノです」と出ますので「手作り体験ッ!」と言ってください。

受入れ体制:作品造りしている創作工房ですので季節に関係なく年中受け入れ可能ですが、予約済みや日々の都合により実施できない事もありますので、まずは気軽にお問い合せください(冬季(12月〜3月)にお車でお越しの際は、道路が凍結してますのでスタッドレスタイヤが必要です)。

サプライズで造りたい方へ
 気軽にお申し込みください。ただ、チェーンの長さが40cm、45cmの2つの長さから選べますので、チェーンの長さのお好みを相手に悟られないよう上手に把握して来てください。

造れるデザイン:
 *ベーシック コース:糸ノコの刃の幅(1mm位)のラインを削ってデザインを構成する事が出来ます。
 *オリジナル コース:糸ノコでラインを削った後に、ヤスリでラインの幅を広げてデザインに豊かな表情を加えることが出来ます。

素材:
 当工房で使用するチタンは「Titanium995」です。

作業時間について:お二人で実施の場合=2.5時間位です
 この体験コースは、クラフトマンが一つ作りながら各工程を一緒に進めていきますので、大体この時間で終了することが出来ます。実施する人数や体験される方の技量により完成までに要する時間が変わりますことを予めご了承ください。

直径&幅について:
 10mm径 x 10mm幅は、凡の値です。仕上げ作業の具合により目減りする可能性がありますことを予めご了承ください。

ビデオ撮影:ビデオ撮影や写真撮影は自由に行ってください。

初心者&不安:
 これまでに造られた方のほぼ100%が始めての方です。手先が器用な方、造る事が好きな方、そうでない方・・・状況はそれぞれに違いますが、クラフトマンが丁寧に分りやすく何度でも解説・手本をお見せしながら進め、たっぷり練習した後でじっくり本番作業を行っていただきます。

工具を巧く扱うコツ:
 クラフトマンの工具扱いは“ベターorベスト”なので、その真似をすれば(同じように扱えば)巧くいきます。
 工具の扱い方のコツを解説中のクラフトマンの一挙手一投足を、注意深く五感で掴み取りそれを練習や本番で活かしてください。
 目で見る時には、細かな部分までよく見て掴み取って下さい。耳で聞くときには、音の質を聞き分けることが大事です。

仕上げ:磨き仕上げは、クラフトマンが行います(指輪1本=10分程)。

チタン:純度:Titanium995(純チタン)
 当工房が使用する「Titanium995」は、99.5%がチタンという高純度の素材です。
 チタンは貴金属ではありません。
 純度の高いチタンならば、たとえ強くて硬くても手作りすることはできますが、高い耐食性による金属アレルギーにも安心な素材ため、素材としての安定性が高いため容易に加工できないため高価な製品として市場に出回っています。
 色はシルバーやプラチナよりも黒っぽい銀色の輝きで、熱する温度の違いにより7色に色合いが変化します。
Titanium:特性
 軽い(比重):Aluminium=2.7、Titanium=4.5、Silver=10.5、Platinum=21.45。
 強い(変形):ビッカース硬度:Silver=251MPa、Platinum=549MPa、Titanium=970MPa
 硬い(キズ):モース硬度:Silver=2.5、Platinum=4.5、ガラス=5、Titanium=6、鋼鉄のヤスリ=7.5。
 高耐蝕(金属アレルギー):表面の酸化膜により耐食性が高まり、金属アレルギーが起きにくい=金・プラチナと同等。
 高 価:比較的安価な素材ですが、加工性の難しさの為造られる製品は高価になります。
チタンの指輪:お手入れ
 擦りキズ:チタンは【モース硬度:Titanium=6、Silver=2.5、Platinum=4.5、ガラス=5、鋼鉄のヤスリ=7.5】というようにプラチナやガラスよりも硬い素材ですが、それよりも硬い物質は日常の暮らしの中に沢山存在します。
  ですから、硬いと言ってもキズが付き難いというだけなので乱暴な扱い方をすれば“擦り傷は付きます”。
 チタンの指輪に擦り傷が付くということは、プラチナやゴールド・シルバーならばもっと酷く傷つくということになります。
 素材の種類に関係なく指輪を付けたときには、少しだけ気を使ってください。
 不用意に擦り傷を付けてしまった場合には、耐水ペーパー(粒子の細かい紙ヤスリ)の2000番以上(3000番以上なら更に良い)で、表面を軽い力で擦ってください。


Copyright 2001 Nobuo Aono. All Rights Reserved.